オープニングサロン:2011年1月15日(土)18:00-21:00

*オープニングサロンにお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。パーティーの様子を少しだけ紹介します!


冷え込む日でしたが、この日も多くの方にお越しいただきました。


自身の作品についてお客さんに説明する辻(手前)。辻の淡くナラティブな作品は特に女性のお客さんに好評でした。


出展作家の田中ヒサミ(左)と加藤豊(右)。乾杯!


加藤の立体作品をかがみ込んで見るお客さん。上から俯瞰して見るのとは、また違った物語が見えてきます。


オンラインマガジンVeritaの編集をされている小林さん(右)。いつもありがとうございます!
Veritaでも『窓と物語』をご紹介いただきました


ステキな帽子を被っているのは春にwaitingroomでの個展を控えている下平晃道。
左のお二人は恵比寿でエリアぐるみのアートプロジェクトを行っているSTART EBISUのメンバー、小熊さんと谷川さん。


いつもオープニングに駆けつけてくれるコレクターのアルブレヒトさんとヤンさん。
先日、世田谷は下馬にあるレストランで若手作家をメインとした下馬ート(shimoumart)という展示を企画していました。


今回は、展示スペースの中央に加藤の立体作品があるので、ぐるりと回るように作品を見ていきます。


山内と地元が一緒のヒダカくん(中右)。高円寺でASOKOという不思議カオスなスペースを運営していたのですが、
惜しまれながらも、もうすぐクローズ。ただいま、クロージングイベントを開催中!辻も参加しています。


賑わってきましたー。


国内外のアーティストによるzineコーナーも好評です。


音楽/アートジャーナリストのVicente。いつもハイテンション。


来月に個展を控えた武居功一郎(左)と、岡山のSatelitteで来週から個展が始まる森田晶子(中)、右は美術批評家の若きホープ、花房くん

たくさんの方々が、waitingroom初のグループ展「窓と物語」展のオープニングに駆けつけて下さいました。
本当にありがとうございます!

同展覧会は、2011年2月19日までの開催となります。皆さま是非お越し下さい。