JP / ENG
about
artists
projects
shop

田中ヒサミ 個展
『自身ガアリマセン』

2012年3月24日(土)〜4月29日(日)
オープニングサロン : 3月24日(土)18〜21時

※会期中は、月曜17〜23時および金・土・日曜 13〜19時のオープンとなります。
※初日の3月24日は、レセプション前も通常通り13時からオープンします。

プレスリリースをダウンロードする

展覧会風景

早春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
waitingroomでは、来る3月24日(土)から4月29日(日)まで、田中ヒサミ個展『自身ガアリマセン』を開催いたします。

田中は1976年茨城県生まれ、2001年多摩美術大学美術学部デザイン科卒業。近年の参加展覧会は、『窓と物語』(2011年, waitingroom, 東京)、『トーキョーワンダーウォール入選作品展』(2010年, 東京都現代美術館, 東京)など。田中にとって本展がwaitingroomでの初個展となります。

田中はこれまで、世の中の様々な「差異」における「価値の有無や力の有無」に着目し、身の回りの風景、人物、モノから「価値や力があるものとされている」特定のモチーフを選び、画面上で形態の抽象化と再構築を行い、その他と同化させることで、様々な「関係性」や「価値」をフラットに表現していました。
しかし震災を境に、「これまでのモチーフの選定の仕方に疑問を感じ始め、その理由に確信が持てなくなった」と語る田中は、今度は「価値や力が無いとされがちなモノ」をただ画面上に提示するという方法に移行します。


---

いわゆる何でもないモノを描く。
それは只の線であったり、只の色であったり、もしくは只の絵の具であったり。
線を引くために只線を引き、色を塗るために只色を塗る。
それはたぶん人が生きるために生きるというのに近い。
そしてそれらは「只」であるため、できるだけ外的要因に左右されたり、
できるだけ能動的でないモノであってほしい。
それは描く際の技法にも通ずる。そこに現れたモノはそれ以上でも以下でもない。

しかし人が何かアクションを起こす以上(しかも絵を描くという行為が
ある以上)、そこに何かしらの情念が宿るのが常。
実はある意味、そこが上記した内容と二律背反的に展開するテーマでもあり、
絵画の理屈でない面や、人がなぜ絵画を求めるかという部分についての
問題提起みたいなものでもある。

(田中ヒサミ)

---

作家として「何故絵を描くのか」という問いは、人が「何故生きるのか」という問いに通ずる永遠のテーマでもあります。田中というひとりの画家が、改めて「世界を見つめること」「絵を描くこと」に向き合った本展を是非、ご高覧賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


オープニングサロン

作家略歴

1976年 茨城県生まれ。
2001年 多摩美術大学美術学部 デザイン科 卒業
神奈川県在住

主な展覧会

2012 『自身ガアリマセン』(waitingroom、東京)
『New City Art Fair』(hpgrp Gallery New York、NY)
2011 『ULTRA004』(SPIRAL、東京)
『 第1回全感覚派美術展』(清川泰治記念ギャラリー、東京)
『in the waitingroom』(waitingroom、東京)
『窓と物語』(waitingroom、東京)
2010 『ULTRA003』(SPIRAL、東京)
『トーキョーワンダーウォール入選作品展』(東京都現代美術館、東京)
2009 『AMUSE ART JAM 2009』(京都文化博物館、京都)
『FLATLINERS』(Dining Bar ito、東京)

 

© waitingroom All rights reserved.