JP / ENG
about
artists
projects
shop

平子雄一 個展
『The Leaf Scar』

2013年7月6日(土)〜8月11日(日)
オープニングレセプション:7月6日(土)18:00-21:00

・会期中は、月曜日 17〜23時および金・土・日曜日 13〜19時のオープンとなります。
・本展のオープニングレセプションを、初日の7月6日(土)18〜21時に開催します。作家も在廊します。
・なお、初日も通常通り13時からオープンいたします。

プレスリリースをダウンロードする

waitingroomでは2013年7月6日(土)〜8月11日(日)まで、平子雄一の個展『The Leaf Scar』を開催いたします。国外での発表が続く平子にとって、2013年唯一の国内での個展開催となります。本展では、都市空間・特に東京での植物と人間の共存についてと、そこに浮かび上がって来る関係性に対する疑問をテーマに制作している平子の、新作ペインティングと彫刻作品を展示致します。

作家・平子雄一について
1982年岡山県生まれ、東京都在住。2006年にイギリスのWimbledon College of Art, Fine Art, Painting学科を卒業。日本国内以外にも、コペンハーゲン、シンガポール、台湾、サンフランシスコなど、国外でも精力的に発表を続けています。近年の展覧会として、2012年個展『SLEEPING IN THE PINE FOREST』(Galleri Christoffer Egelund, コペンハーゲン)、2012年個展『庭先メモリーズ:見えない森』(INAX GALLERY, 東京)、2012年個展『The Wooden Clapper』(The Drawing Room, マニラ)が挙げられます。また、2009年『シェル美術賞』入選、2010年『トーキョーワンダーウォール』トーキョーワンダーウォール賞受賞、2013年『VOCA展』奨励賞受賞など、国内の主要公募展での活躍も目覚ましいです。

葉痕(Leaf Scar)が語る植物の記憶と人間との関係
平子は、都市空間・特に東京での植物と人間の共存をテーマに制作をしています。それは、観葉植物のように室内で共に暮らしたり、庭や公園のように人工的に作り出された自然が多い都市空間では、人と植物の関係性が非常に曖昧であるという点への疑問がきっかけとなっています。わざわざ外部から移して来ることによって、気候にあっていない植物が都市の中で安易に枯れてしまったり、莫大な予算をかけて生かすのが非常に困難な植物を無理矢理生かそうとしたりなど、そこには都市に住む人間のエゴやギリギリの精神状況が見え隠れしています。平子は自身の作品を通して、植物とは元来どういうものであったのか、また植物と人間の共存とは一体どういうことなのかを問い、鑑賞者がそれぞれ考えるきっかけを作りたいと制作してきました。
今回の展覧会のタイトルになっている「Leaf Scar」とは、生物学用語の「葉痕」のことをいいます。冬になって葉が茎から落ちたあとに、茎の断面に残る痕跡のことを指しています。それは、植物が確かにそこにあったという証であり、また植物の種類によって葉痕の模様も違うため、それぞれの個性がそこに現れているともいえるでしょう。
東京にはサバイブ出来ない植物が多いが、それは確かにそこにあったという痕跡と記憶を、平子は作品の中に描き出そうとしています。そして、鑑賞者側がそれぞれの植物との記憶と作品をシンクロさせることによって、人間と植物との関係性を考え直すきっかけ作りが出来たら、と平子は語ります。

本展では、新作の大小約20点のペインティング、約10点の彫刻作品を発表致します。この機会に是非、平子雄一が描く世界観をご高覧下さい。

展示作品



作家略歴

1982 岡山県生まれ
2006 Wimbledon College of Art, BA (Hons), Fine Art: Painting 卒業

個展

2013 (Forthcoming)Sonnentor Art Space, 台北
(Forthcoming)The Drawing Room, シンガポール
『The Leaf Scar』waitingroom, 東京
2012 『The Wooden Clapper』The Drawing Room, マニラ
『Selected Forest』Satellite, 岡山
『Advanced Plants』WALL/H.P.FRANCE, 東京
『The Green Pieces』GALLERY MoMo Ryogoku, 東京
『庭先メモリーズ:見えない森』INAX GALLERY, 東京
『庭先メモリーズ:ヤドリギ』Tokyo Wonder Site Art Cafe kurage, 東京
『SLEEPING IN THE PINE FOREST』Galleri Christoffer Egelund, コペンハーゲン
2011 『平子雄一展」SATELLITE, 岡山
『庭先メモリーズ:ソング』トーキョーワンダーサイト本郷, 東京
『トーキョーワンダーウォール都庁』東京都庁, 東京
2010 『庭先メモリーズ』GALLERY MoMo Ryogoku, 東京

グループ展

2013 『スナックJIKKA』実家 JIKKA, 東京
『創世記』Sonnentor Art Space, 台北
『PSYCHOTROPICS』The Drawing Room Singapore, シンガポール
『VOCA展 2013』上野の森美術館, 東京
『東京画 II 〜心の風景のあやもよう〜』東京都美術館, 東京
『HOTCHPOTCH』Galleri Christoffer Egelund, コペンハーゲン
2012 『XMAS'12』Galleri Christoffer Egelund(コペンハーゲン)
『SUMMERTIME 12』Galleri Christoffer Egelund(コペンハーゲン)
『バックトゥーザネイチャー』Fuma Contemporary Tokyo / Bunkyo Art (東京)
『第5回岡山県新進美術家育成I氏賞選考作品展』岡山県天神山文化プラザ(岡山)
2011 『XMAS'11』Galleri Christoffer Egelund(コペンハーゲン)
『Dアートビエンナーレ』Y++ Gallery Triwizart(北京)
『Dアートビエンナーレ2011』ダイテックサカエ(愛知)
『アーツチャレンジ2011』愛知芸術文化センター(愛知)
『再生 -Regenerate- Part.1』GALLERY MoMo Ryogoku (東京)
2010 『群馬青年ビエンナーレ2010』群馬県近代美術館(群馬)
『トーキョーワンダーウォール2010』東京都現代美術館(東京)
2009 『Amuse Art Jam 09』京都文化博物館(京都)
『シェル美術賞展2009』代官山ヒルサイドフォーラム(東京)
『トーキョーワンダーシード2009』ワンダーサイト渋谷(東京)
2008 『GEISAI#11』東京ビッグサイト(東京)
2006 『Amuse Art Jam 06』京都文化博物館(京都)
『Stepsiblings』Temporary Contemporary (ロンドン)

受賞歴

2013 『VOCA展2013』奨励賞
2011 『第2回Dアートビエンナーレ2011』優秀賞
『アーツチャレンジ2011』入選
2010 『トーキョーワンダーウォール2010』トーキョーワンダーウォール賞
2009 『シェル美術賞2009』入選


アーティストウェブサイト:http://yuichihirako.com

---------------------------------

[企画概要]
アーティスト:平子 雄一 Yuichi HIRAKO
会期:2013年7月6日(土)〜 8月11日(日)
オープニングレセプション:7月6日(土)18:00 〜 21:00
営業日:
月曜 17:00 〜 23:00 / 金・土・日曜 13:00 〜 19:00
定休日:火曜〜木曜
会場:waitingroom
住所:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-8-11渋谷百貨ビル3F(4B)
TEL/ FAX:03-3476-1010

お問い合わせ:info@waitingroom.jp(担当:芦川)

---------------------------------

 

© waitingroom All rights reserved.