JP / ENG
about
exhibitions
artists
shop

会期:8月22日(水)〜9月3日(月)
オープニングレセプション:8月22日(水)18:00〜20:00
時間:11:00〜20:00(最終日は17:00まで)
会場:渋谷ヒカリエ 8/ CUBE 1, 2, 3
料金:入場無料
主催:GALLERIST MEETING (GM)
共催:SOMEWHERE

参加ギャラリー:
HARMAS GALLERY/waitingroom/CASHI/TOKIO OUT of PLACE/neutron tokyo/hpgrp GALLERY TOKYO

展示作家:
加藤智大/高橋大輔/野村在/加藤豊/武居功一郎/増村真実子/森田晶子/梅沢和木/興梠優護/稲葉友宏/大原舞/Sadie Sternes/Hogalee/森村誠/稲富淳輔/三尾あすか&三尾あづち/伊藤一洋/竹内義郎

「Gallerist Meeting (ギャラリスト・ミーティング)」とは、ギャラリストたちが「ミーティング=出会い、意見を交換する」場であり、ギャラリー同士の横の繋がりを強化し、知識を共有することで、単独のギャラリーではなし得ないアートのムーブメントを創り出す事ができるのでは?という考えのもと、若手コレクター武内竜一によって発案された企画です。

その第1回目として、今回の『Gallerist Meeting (GM) ×SOMEWHERE - 非日常のライフスタイル』が開催されます。武内によって選出された若手ギャラリスト6組が、「ヒカリエで展覧会をすることで、GMは何を発信できるか」という目的のもと、「どんな展覧会にしたいか」というテーマで話し合いを行いました。その結果、次世代を象徴する文化提案のプラットフォームとしての「渋谷ヒカリエ 8/」を舞台に、多感でアクティブ、発言力のある客層に対して、「新しいライフスペースの提案」としての展覧会を開催したいというアイディアが産まれました。それは、展示空間の中に家具を配置し、そこにアート作品を共存させ、トータルコーディネートされた居住空間を展覧会としてプレゼンするという試みです。話し合いを進めるうちにあがったのが、「非日常」と「ライフスタイル」という、ある意味矛盾した2つのキーワードでした。

今回、家具の提供およびスタイリングを担当し、GMとコラボレーションを行うのは、新進気鋭デザイナーの家具を多く取り扱う恵比寿のデザインギャラリー「SOMEWHERE」。日常から逸脱した家具の数々が展示空間の中に配置され、そこに「アート」というもともと「非日常」のものが現れた時、そこは今までに見たことのない刺激的なライフスペースになるのではないでしょうか。それを、『非日常のライフスタイル』という新しいカテゴリーとして、私たちの日常的な生活空間の中に取り入れてみることを、GMの立場から提案したいと思います。

次世代を象徴する「渋谷ヒカリエ 8/」という舞台で、若手ギャラリスト6組が選出した作家の作品と、新進気鋭デザイナーの家具が展示されることによって出来上がる、「アート×ライフスタイル×インテリアの新たな形=非日常のライフスタイル」を、この機会にぜひ体感しにいらして下さい。

展覧会詳細は、ヒカリエ 8/ のウェブサイトをご覧下さい。

------------

waitingroomからは、加藤豊・武居功一郎・増村真実子・森田晶子の作品を出展しました。

加藤豊

武居功一郎


森田晶子


増村真実子

------------

全体の展示風景

 

© waitingroom All rights reserved.